*

ノーローン(シンキ)答弁書

公開日: : 最終更新日:2014/02/18 過払い金返還請求実践記 ,

ノーローンの答弁書です。

ノーローン(シンキ)答弁書

アコムと違い結構反論してきたので、結構面倒ですが内容をしっかり読んで調べれば答えは出ました。

ノーローン側の主張は以下の通り。

1.みなし弁済の適用
2.無利息期間の無効
3.預かり金について
4.悪意の受益者

の4点です。

これを最初に見たときは心が折れそうになり、それぞれについて調べている時はムダな抵抗しやがって!と怒りが湧いて来て、また手がつかないと大変でした^^;

さて、みなし弁済の適用ですがこれは4の悪意の受益者と関連することですが、法律に従って17条書面(契約書)、18条書面(返済時の取り扱い票)を顧客に発行し、ちゃんとその他も法律をしっかり守ってたので悪意の受益者じゃないよ。18%を超える利子分の返済はみなし弁済なんですよという主張です。

ノーローンさんの答弁書の6ページⅥ返済期間及び返済回数は契約書の裏面第4条に書いてますよと書いてますが、堂々と書いてません。

カードローンは住宅ローンのように金額を決めて貸し付けるのではなく、貸せる枠を与えるのでサラ金としても返済回数、返済期間は契約書に書くのは難しいわけです。

しかし、最高裁の判決により(最高裁判例平成17年12月15日 平成17(受)560 )、それでも書け!と言っているので、それを主張しましょう。

あと追加で言うなら、ノーローンは契約書は実物のコピーを送ってきたもののその他の書類はサンプルでした。

ま、後ろ暗い事があるのでサンプルなんでしょうが、サンプルではなく実物を全て出せ!それでないと立証できていないぞ!と主張しました。

続いて無利息期間です。

これは僕も裁判前からビビッていたのですが、ノーローンは1週間無利息の期間がありますが、その1週間無利息のメリットは享受しておきながら、過払い金訴訟すると絶対に突っ込んでくるよなと。

これについてはこの方のブログのコメント欄をほぼ引用させていただいて主張しました。

http://ameblo.jp/tententenshoku/entry-11174131111.html

みなし弁済、悪意の受益者についても凄くわかりやすく書いてくれているので、この記事とコメントのやり取りだけでほぼ主張が作成できます。

シンキは利息制限法に従って再計算するなら無利息期間も18%で再計算しなさいよという事ですが、利息制限法は上限、つまり10万以上、100万未満の貸金なら18%以上の利息は取っちゃダメですよと言っているわけで、0%はダメと言ってないわけです。

そもそも利息制限法は貸してと借り手を平等に扱う法律ではなく、借り手保護の法律なので、それで貸し手に不利益が発生するのは当然というわけです。

じゃ、最後の預かり金ですが、これについては上記のブログの方も相手の主張が正しいのでは?という事ですが、ヤフー知恵袋などを参照した結果、基本契約に基づいて取引して発生したので債権であると主張しておきました。

金額の解釈の違いぐらいは額も小さいので大した事はないので、強く主張しておきました。

僕が作成した準備書面は裁判が終わり次第公開しますが、必要であれば先にメールしますのでコメントしてください。

>>>過払い金裁判が自分でやるには難しいと思ったら

関連記事

AcomNoloanlogo

ノーローンの過払い金返還請求はプロに頼んだ方が良いのかな?

僕はアコムとノーローンに過払い金があります。 アコムに関しては過払い金訴訟をしたというブログも

記事を読む

Acomlogo

アコムの第2回口頭弁論が終了(前編)

ご無沙汰しております。 まず、更新できていない言い訳から^^; 実は現在、失業中で就職するた

記事を読む

Noloanlogo

控訴理由書を提出してきました

控訴理由書を提出してきました。 久々に法律文書を書くのには苦労しました。2~3時間で書き上げる

記事を読む

Noloanlogo

訴訟費用額確定処分申立書を提出してきました。

先日、ノーローン(シンキ)に対して、訴訟費用確定処分申立書を提出してきました。 早い話訴訟費用

記事を読む

AcomNoloanlogo

アコム、ノーローンへの取引開示の電話をする

本日から取引履歴の開示 とりあえず正確な過払い金訴訟の第1歩は「取引履歴の開示」という事なので

記事を読む

Noloanlogo

ノーローン(シンキ)第2回口頭弁論が終了(前編)

7月23日(火)にノーローン(シンキ)との過払い金訴訟の第2回口頭弁論に行ってきました。 前回

記事を読む

Acomlogo

過払い金計算代行業者から結果が帰ってきた(アコム)

昨日に代行業者に依頼して、返信のメールがあるかなーと思っていたんですが、メールがない。 ホーム

記事を読む

AcomNoloanlogo

名古屋消費者信用問題研究会の利息計算ソフトで計算が合わない理由がわかった!

前回、引き直し計算を過払い金計算代行業者に依頼したものを、名古屋消費者信用問題研究会(ネーミングが長

記事を読む

AcomNoloanlogo

過払い金返還請求裁判の訴状に携帯電話番号はありか?

過払い金裁判で訴状を作って提出するところでとまっているわけですが、諸般の事情があり7月から忙しくなる

記事を読む

Noloanlogo

ノーローン(シンキ)第2回口頭弁論が終了(後編)

シンキは第1回口頭弁論に対して答弁書を提出してきて、さらに直前になって第2回のために準備書面を提出し

記事を読む


Comment

  1. なす より:

    斎藤さん、お久しぶりです!
    順調に進んでおられるようですね。
    そちらのブログを読んだ事はありますが、コメント欄までは見ていませんでした(^^;)
    >心が折れそうになり、それぞれについて調べている時はムダな抵抗しやがって!と怒りが湧いて来て、また手がつかないと大変でした^^;
    私も一緒です(笑)
    本人訴訟では皆通る道なのでしょうね。
    簡単に返しちゃうと請求が増えて困るからでしょうけど…。

    私はCFJからドッサリ答弁書が届き(60枚枚位!)、
    争点なく和解を拒否って判決求めたら怒られて次回期日を入れる裁判官に当たってしまい
    もうゲッソリしております…。

    あ、私だけかもしれませんが、
    アコムとシンキの答弁書見れません(>_<)
    準備書面は暇な時にでも更新してください。
    待ってます!

    • 斉藤 より:

      なすさん
      ご無沙汰しております。
      前回コメントいただきましたのに、返信しておらず申しわけありませんm(_ _)m

      >>心が折れそうになり、それぞれについて調べている時はムダな抵抗しやがって!と怒りが湧いて来て、また手がつかないと大変でした^^;
      > 私も一緒です(笑)
      >本人訴訟では皆通る道なのでしょうね。
      >簡単に返しちゃうと請求が増えて困るからでしょうけど…。

      見慣れない、わからない法律知識について調べるのにもストレスですし
      ストレス溜まりますよね・・・。
      仰る通り本人訴訟なら皆さん覚悟するべきかもしれませんね。
      今でこそ健全なイメージ作りに必死ですが、
      彼らは内臓売れ!なんて言ってた連中ですから。

      >私はCFJからドッサリ答弁書が届き(60枚枚位!)、
      >争点なく和解を拒否って判決求めたら怒られて次回期日を入れる裁判官に当たってしまい
      >もうゲッソリしております…。

      あ、それはキツイですねー。
      僕なんてノーローンの10枚程度の答弁書でうんざりしましたから、
      60枚だとかなり厳しいですね・・・。

      しかも裁判官も和解に積極的だと面倒ですね・・・。
      ただ、争点なしで突っぱねる度胸はなすさん凄いですよ!
      僕なんて裁判所ではビクビクしてましたから^^;

      法律的な建前がどうであれ、
      裁判官の心証ひとつで金額変わると思うんでしっかり準備しないといけないですね!

      あと、答弁書ご指摘ありがとうございます。
      なぜか見れなくなってますね。

      IEだと見れないのですが、Chromeだと見れます。
      リンクを右クリックして対象をファイルに保存を選択してパソコンにダウンロードすると見れると思います。

      IEのセキュリティに引っかかっているのかもしれません。

      一度ファイルを保存してみてください。

      では、お互い頑張っていきましょう!^^

  2. なす より:

    私もびくびくしてますよー!
    争点なしだからこそ訴訟費用と思って突っぱねたんですけどね…。
    それ以降裁判官も敵だと思えて別件別裁判官の第一回口頭弁論も怖くて怖くて。

    Chromeだと見れるのですね!
    また後日DLして見させてもらいます^^
    あと一つお聞きしたいのですが、
    斎藤さんはどのように、どれくらい過払いの勉強をされましたか?
    勉強不足をひしひしと感じており、勉強の仕方が分からない今日この頃です…。

    • 斉藤 より:

      なすさん
      どうもです!

      相変わらずお返事が遅れて申しわけありませんm(_ _)m
      なんかとりあえず和解しませんというのは裁判所はダメですよって言うみたいですね。

      条件面で折り合いが着かないとか、ちゃんと理屈をつけないと怒られるってのはよくブログなどで見かけます。

      あと、chromeだと直接見れますが、インターネットエクスプローラーでもダウンロードすれば見れますよ。

      僕は過払い金の勉強は必要なときに必要なだけ(というか最低限)やっただけですね。
      とりあえず訴状を作るのに、マニュアル本を図書館から借りてきてやって、次に相手の反論(答弁書)への準備書面を作るためにネットで調べてという感じです。

      訴訟前まではマニュアル本で十分なんですが、いざ裁判始るとそこからはいい本は無いと思います。
      一応、名古屋消費者問題研究会の過払い金本は図書館で借りたのですが、ネットで書いてあることの補足として利用しただけで、あれをまるまる一冊なんて読めません^^;

      裁判というか相手先によって争点、争ってくるところが違うのでそこだけ勉強すれば良いのではないでしょうか?

      ・17条、18条書面の必要用件とそれを満たしていた事はサラ金側が証明すべきこと
      ・悪意の受益者
      ・みなし弁済

      ここらへんの項目を理解しておけば、というか理解しなくても書面にできてれば裁判はいけると感じています。
      僕自身、必死こいて準備書面を作ったので、曖昧に理解しているだけで、その中身を暗唱しろ、説明しろなんて言われてもできません。

      僕らは専門家でも、専門家の友人、知人もいないので、なかなかこれでいいの?という自信が無いので、裁判はついついびびりますが、僕でもいけたので、なすさんも大丈夫ですよ^^

      今日ノーローンの最後の裁判なので、僕が参考にしたサイトのアドレスをざっと記事にするので、それも参考にしてください。
      では!

  3. なす より:

    いつも忙しい中お返事ありがとうございます。

    理屈付けないと怒られるのはある事なのですね(^_^;)
    てっきり裁判官に嫌われたのかと思いました。

    勉強方法、大変参考になりました。
    皆さんざっくりと書かれてるだけで、
    その割に過払い裁判は簡単とか書いてあって、
    裁判官に怒られてへこんでる私には相当難しく感じるのに、皆どれだけ勉強してるんよ!と思ったもので。
    名古屋消費者~をまさに今日から全部読もうとしてたところです(笑)
    危ない危ない…、要領良く行かなきゃですね。

    新情報が得られにくい今、斎藤さんのブログはとても参考になり、頼りになります。
    今日の裁判、頑張ってください!

  4. 匿名 より:

    斉藤さんこんばんは!

    Chromeで答弁書拝見しました。
    ほぼ同時期なのに悪意の受益者に関しては少し違う文章が届きました。
    コピペだと思ってたのでちょっとびっくり(^^;)
    今日はアコムの準備書面をメールしていただけたらと投稿しました。
    お時間があればで良いので、よろしくお願いします!

    • 斉藤 より:

      なすさん
      また日が開いてしまって、申しわけありません。

      僕はアコムに大しては準備書面は作成していないんです^^;
      というのも、一回目の口頭弁論は1枚ペラで「訴えに対して反論しますが理由はまた言います。和解したいですが、和解金額は書いてません。」という状態。

      2回目は期日3~4日前に送ってきて、僕が受け取ったのが裁判当日という状態でした。しかも相手は出席しない。

      こんな状況なので裁判官も結審しましょうとなったんです。

      一応参考になるかわかりませんが、アコムは論点が少ないのでさらっと記事にしてみます。

  5. なす より:

    記事を読んでたはずなのに…すみません(^^;)
    アコムの書面はFAXだからか読みにくいですね。

    斉藤さんは準備書面はどのように作りましたか?
    今色んな会社と本格的に争い始め書面を作ってるのですが、全然できなくて(T_T)
    自分の言葉で書くなんて到底無理ですし、
    引用するにしても筋の通った物にできないような…。

    斉藤さんはほぼ同時期に請求を始めたのにしっかり作り上げてるのに私ときたら(^^;)

    • 斉藤 より:

      なすさん

      遅くなりましたが、僕のアコムへの準備書面を記事にしました。
      ご参考になれば幸いです^^

      >今色んな会社と本格的に争い始め書面を作ってるのですが、全然できなくて(T_T)
      >自分の言葉で書くなんて到底無理ですし、
      >引用するにしても筋の通った物にできないような…。

      7月は僕も本当に準備書面が書けずにイライラしましたねー。
      自分の言葉で書いて良いの?法律的な文書を書く必要があるんでしょ?なんて悶々としてましたよ。

      今回、僕なりに解説記事を書きましたので、参考リンク含めてチェックしてみてください。

      あとサラ金各社の主張がわかればもう少し僕もお助けできるかもしれません。
      最近は過払い金情報自体が少なくなっているので、なすさんのサラ金とのやり取りもここで記事にする事ができれば、皆さんの参考になるかと思いますし。(もちろん、僕みたいに答弁書、準備書面を公開するわけではないですよ!)

      また、記事に不明な点があればコメントください!では^^

  6. なす より:

    斉藤さん、本当にありがとうございます。
    これでいいかな?と思ってた事、理解できなかった事がわかり、
    心の中の糸がスルスルっとほどけた感じがしました。
    敵しかいないと錯覚してしまう今、めっちゃ弱気に…
    そんな中親身になってくださるのはメンタル面でも大分助けて貰っています。

    気になる所があるのですが、
    17条書面改定後は17条契約書と貸付時交付書面を併せ見る事で17条書面の要件が充足される
    と言ってきています。
    こんなわけないと思うのですがどう思われますか?
    反論ではスルーして書面だせとする予定ですが…。

    >各社の主張がわかればもう少し僕もお助けできるかもしれません。
    嬉しいです(T_T)
    さっそくで申し訳ないのですが、
    取引終盤返済のみで、最終借り入れから10年経ってるから過払金の一部は時効だ!借入債務の発生の見込みがなくなったんだから、充当合意があるといって取引終了まで時効が進行しないわけないだろ!
    と言ってきてます。
    「貸付停止」の判例から引用しようとしていますが、
    判例のどの部分を引用すれば良いのでしょうか。
    原告の主張=原告の提出した準備書面の抜粋かと思ってそこを主に引用し、当裁判所の判断を上手く組み込もうと思うのですが…。

    • 斉藤 より:

      なすさん

      今なすさんに返信を書いていて、
      ミスで文章が消えて大ショックです・・・orz

      簡潔にいきます。

      4点確認させてください。
      これはどこの会社ですか?(判例などを探すのに便利なので)

      17条書面の相手の主張は、
      契約書には不備があるがレシートは途中改定したので
      17条書面は交付しているとみなされるで良いですよね?
      あと、相手は証拠としてなすさん自信のレシートを提出してますか?

      なすさんが引用しようと思っている貸付停止の判例は
      http://www.kabarai.net/judgement/shoumetu.htmlのどれですか?

      >原告の主張=原告の提出した準備書面の抜粋かと思ってそこを主に引用し、
      >当裁判所の判断を上手く組み込もうと思うのですが…。
      ちょっとここがわかりません。
      なすさんの準備書面の抜粋ではないですよね?
      被告の主張を抜粋し、それに対して反論するという事ですよね?
      でしたらOKですよ。

      あと、当裁判所というのはなすさんが裁判している裁判所という事ですか?
      それなら、場所にこだわる必要はないと思います。
      もしかすると、簡易裁判所同士、地方裁判所同士だとうちにはうちの判断がある!
      ってプライドがあるかもしれないですけね・・・。

      確認できれば僕なりにまた考えて書きますので
      よろしくお願いします^^

  7. なす より:

    文章が消えるとショックですよね^^;
    と書いてたら私もPCの調子が悪く3回連続で(T_T)
    斉藤さんはお忙しいのにお手数おかけします。
    簡潔に書こうとしたらめちゃくちゃなコメントになってしまいました。
    言いたい事は実は3つあったんです。

    ①↑とは別に17条関連の気になる点。
    会社はCFJです。
    17条書面改定後の契約なのに、契約書には回数等書かれてないんです。
    改定されたのはレシートだけだったんですかね。
    「契約書には不備があるがレシートは改定した
    17条書面は交付しているとみなされる」
    おそらくそれで良いです。
    相手はサンプルのみしか出していません。

    ②「返済のみになり貸付は10年間してないから時効」という争点が気になる事
    こちらはプロミスです。
    判例は満遍なく読んでもっともだと思う事を引用しようと思ったので、
    コレだと決めているものはないです。
    被告の書面には貸付停止という言葉は書いてませんが、
    電話では貸付停止と言われたので、この項目の判例を参考にしようと思ったんです。

    ③準備書面の文章はどうするのか。
    >原告の主張=原告の提出した準備書面の抜粋かと思ってそこを主に引用し、
    >当裁判所の判断を上手く組み込もうと思うのですが…。
    たしかに…改めて読むと意味不明…^^;
    抜粋するのは私や被告の準備書面ではなく判例の事で、
    「当裁判所」は判例の判決を下した裁判所の事です。
    判例の中にある「原告の主張」は、その裁判に提出された原告準備書面の引用だと思ったので、そこを引用してきて、判例最後の方にある「当裁判所の判断」も考慮しつつ、
    私は準備書面を作ったら良いのかな?という意味で書きました。
    自分で整理して自分の言葉で…となると難しいので…
    どのように引用してきたら良いものなのか、聞きたくて。

    長くなってしまいまってごめんなさい。。

  8. なす より:

    ①↑とは別に17条関連の気になる点。
    ではなく
    ①↓とは別に17条関連の気になる点。
    で訂正します。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


Noloanlogo
訴訟費用額確定処分申立書を提出してきました。

先日、ノーローン(シンキ)に対して、訴訟費用確定処分申立書を提出してき

Noloanlogo
終わった過払い金訴訟で担保取消決定の催告書が届いた!?

昨日ノーローン(シンキ)との過払い金訴訟に関する顛末を書きましたが、今

Noloanlogo
ノーローンの判決後の支払い対応がやっぱりクソ!

投稿が遅くなってしまいましたが、ノーローン(シンキ)との過払い金返還請

Noloanlogo
過払い裁判終了しました

1月中にブログを修正すると書いていたんですが、結果的に修正できませんで

Noloanlogo
控訴理由書を提出してきました

控訴理由書を提出してきました。 久々に法律文書を書くのには苦労し

→もっと見る

  • スーパーナチュラル
PAGE TOP ↑